30代は化粧品の選び方が重要~うるうる美肌の作り方~

女性

活性酸素と肌トラブル

化粧水

活性酸素を無害なものに

肌は活性酸素の影響を受けて、どんどん劣化していきます。具体的には、くすんだりシミができたりシワが刻まれたりするのですが、それを食い止めることができるのが、ビタミンc誘導体の化粧品です。ビタミンc誘導体とは、肌の内部でビタミンcとして吸収される成分です。そしてビタミンcには、活性酸素に自らの電子を与えて無害なものにするという性質があるのです。肌が劣化するのは、活性酸素に電子を奪われてしまうからです。しかしビタミンcが先に電子を分け与えれば、活性酸素はそれ以上他の物質から電子を奪おうとしなくなります。すると肌は影響を受けなくなりますし、それによって上記の肌トラブルが防がれるようになるわけです。そのため多くの人が、活性酸素から肌を守るために、ビタミンc誘導体の化粧品を使っています。

紫外線量と活性酸素の勢い

紫外線を浴びるとシミができやすくなると言われていますが、それは紫外線によって活性酸素が活発になるからです。紫外線は、オゾン層によってある程度シャットアウトされるのですが、しかし現在では環境汚染によって、そのオゾン層が破壊されてきています。そのため地上に紫外線が多く降り注ぐようになっていますし、それに伴って肌への活性酸素の影響も増えているのです。そのためビタミンc誘導体の化粧品の需要は、現在非常に高くなってきています。紫外線量が増えて活性酸素の勢いが増している以上、ビタミンc誘導体の化粧品による肌の保護の必要性も、高まっているのです。そのため今後一層多くの人が、ビタミンc誘導体の化粧品を使用することになると予想されています。